私の好きなゲーム機について

ゲーム機はいろいろな種類があります。最近ではプレイステーション4が発売されましたね。その性能の高さにはびっくりです。
私も1台欲しいなと思っているのですがお金が無いので買えません。
とても残念に思います。ソニーは毎回面白いゲーム機を作ってくれるので期待をしています。

 

私は今までいろいろなゲーム機を使ってきました。その中でも特に印象に残っているのはファミリーコンピュータです。
映像面は今の最新の機器と比べると見劣りしてしまます。しかし、ゲームの面白さは負けていません。
しっかりと考えてプログラムを組んであるということをゲームをしていて感じられます。
アクションゲームは座標軸の移動ですし、ジャンプは物理学の運動をシミュレートしています。
このようにゲームからも様々な勉強によって得られる知識が発見できます。つまり、ゲームと勉強はつながっているのです。

 

ゲームばかりしていないで勉強をしなさいと親にはよく言われましたが、ゲームを作るためには数学やプログラミングの知識が必要です。
物理現象をモニターの中に再現するのですから
物理学の知識も必要なのではないでしょうか。

 

確かに遊ぶだけなら、知識は要りません。でも毎日ゲームを遊ぶということから得られるものも多いのではないでしょうか。
そうなので勉強をしっかりとやってからゲームを遊ぶと、より面白くなると思っています。
そうなので、私がもし親になったら勉強もしっかりやり、そしてゲームも楽しもうということを言いたいですね。
将来、プログラムを学ぶときにゲームの知識は役立ちます。