STAP現象の問題に関して思うこと

このところ、日本中を騒がせているSTAP現象をめぐる問題で、理化学研究所のユニットリーダーで論文の執筆者の小保方晴子さんが
ようやく会見を開くというニュースが飛び込んできました。
私に言わせれば、もっと早めにこの人が出てこればここまで世間を騒がすことはなかったのだろうと思います。
しかし、今出てきたところで、主張はSTAP細胞は存在する、論文は悪意のないミスであるということのようなので、あまり新たな情報は
出てこないのでしょう。
最近では、彼女を擁護する向きも結構多いような気がしますが、私はやはりSTAP現象の存在そのものにしか興味はないです。
マスメディアは、もはやこれから先は小保方さんと理化学研究所の醜態の暴露合戦と相場が決まっているので
そんなものにマスメディアと一緒に狂喜乱舞しているのは時間の無駄です。
できれば、理化学研究所ではなく他の独立機関が証明実験に取り組んでほしいものです。
小保方さんも自信があるなら例えばyoustramなんかでずっとリアルタイムで実験を放送したりして世の中を見返してやればよいと思います。
とにかくこの問題は日本の科学技術の信頼を大きく損なったことだけは確かだと思います。
そしてこの損害はきっと長期にわたって日本を苦しめることになると思います。
理研のガバナンスだとかマネジメントとか、モラルといった事々、それももちろん重要で、ぜひとも厳しくきっちりと対策を行ってほしいですが、
まずはSTAP現象実在の証明を速やかに実施してもらいたいと思います。